TOP > ネイリストの基礎知識 > 日本ネイリスト協会とは?

I-NAIL-A(インターナショナルネイルアソシエーション)とは

ネイル業界の発展を目的としたNPO法人

I-NAIL-Aは、ネイル業界の発展を目的に、1999年に設立された任意団体です。設立後は、ネイルの技術力向上や業界の活性化を目的とした技能検定試験などのほか、高齢者福祉サービスや下肢障害者の技術支援などにも力をいれた活動を開始。その後、2005年7月にはNPO法人化されました。

■I-NAIL-Aの活動方針

「ネイルの正しい技術の向上と業界の発展」を目的に、国際的に通用する高い知識とスキルを兼ね備えた、未来を担うネイリストの育成に関連した活動をしています。国内のネイルサロンやネイリストの技術力の底上げをすることが、ひいては業界全体の信頼度アップにつながるとの考えからです。

■I-NAIL-Aの具体的な活動

2001年から、「ネイルスペシャリスト技能検定試験」を実施しています。ネイリストの技能を資格という形で保証することで、確かな技術力を身につけたネイリストの育成に貢献しているといえるでしょう。また、下肢障害者の職業あっせんをするための技術指導支援や、高齢者へのネイルサービスなども行っています。

I-NAIL-Aが行っているセミナー
セミナー

■「ネイルスペシャリスト技能検定試験」対策セミナー

I-NAIL-Aネイルスペシャリスト技能検定試験を受験する人向けのセミナーです。A級、SA級、PA級~AAA級に対応しています。

■「ジェルネイル技能検定試験」対策セミナー

I-NAIL-Aジェルネイル技能検定試験を受験する人向けのセミナーです。1級から3級のすべてに対応する内容になっています。

■技能検定試験 検定指導員講習

「ネイルスペシャリスト技能検定指導員講習」と、「ジェルネイル技能検定指導員講習」の2種類があります。ネイルスペシャリスト技能検定指導員講習で学ぶのはA級とSA級の実技試験内容及び指導方法です。ジェルネイル技能検定指導員では3級の実技試験内容と指導方法、免除の審査方法について学びます。

■予防法務セミナー

予防法務セミナーは、ネイルサロンやネイルスクールで起こるトラブルを未然に防ぐための知識を身につけるためのセミナーです。事前にトラブル対処法を知っておくことで、適切な対応ができるようになります。

■巡活マッサージH&F テクニシャン認定セミナー

「巡活マッサージH&Fテクニシャン認定セミナー」の講師を育てるためのセミナーです。I-NAIL-Aの個人正会員のうち、巡活マッサージH&Fテクニシャン認定資格保持者で、巡活マッサージH&Fテクニシャン認定セミナーを開催する環境をそなえている方のみ受講できます。

I-NAIL-Aの検定試験について

I-NAIL-Aでは、「ネイルスペシャリスト技能検定試験」「ジェルネイル技能検定試験」という2種類の検定試験を実施しています。ネイリストとしてプロを目指したり、ネイル技術の向上の目安にしたりするためには、検定を目標にするとよいでしょう。それぞれの特徴についてご説明します。

ネイルスペシャリスト技能検定試験

ネイルスペシャリスト技能検定試験は、ネイリストとして一定以上の知識やスキルを身につけていることを認定するための試験です。A級/SA級、PA/AA/AAA級の5つの資格があり、A級/SA級は初心者や学生向け、PA/AA/AAA級はプロ向けとなっています。どの資格も、学科試験と実技試験の両方で合格することが必要です。

■学科試験

すべての資格について、1問2点50題の出題のうち、40問80点以上で合格となります。ネイルの知識だけでなく、爪の病気や人体のしくみについても知識が必要です。

■実技試験

A級とSA級はそれぞれ異なる試験内容で80点以上。PA/AA/AAA級は同一内容の試験内容のうち、60点以上がPA級、70点以上がAA級、80点以上がAAA級となります。

ジェルネイル技能検定試験

3級、2級、1級の3つの試験があり、順に取得していくことでより上位の級を目指せます。

■3級

1題2点、50題の学科試験で80点以上、実技試験は80点以上で合格です。出題内容は、ネイルケアとプレパレーションが1~3級まで共通して出題されます。それに加えて3級では、コーティング(クリア)、カラーコーティング(マット赤)が試験範囲です。

■2級

共通科目に加えて2級では、チップオーバーレイとカラーコーティング(パールホワイト)が試験内容です。実技試験80点以上で合格となります。

■1級

共通科目に加えて1級では、スカルプチュア、カラーコーティング(フレンチ)の実技試験で求められます。80点以上の取得が合格条件です。

I-NAIL-Aのネイル衛生管理者制度とは

2010年に、厚生労働省が「ネイルサロンにおける衛生管理に関する指針」を設けました。これを遵守するための基準として、I-NAIL-Aでは「ネイル衛生管理者講習」を実施しています。講習は定期的に各地で行われていて、各回4時間です。なお、この講習会は必ずしもI-NAIL-Aが主催とは限らず、指導者が主催して開催されることもあります。

■講習講師

ネイル衛生管理者講習の講師は、ネイル衛生管理指導者と呼ばれているプロ。指導者に認定されるには、「ネイル衛生管理指導者講習会」を受講して、資格試験の合格が必要です。

■講習内容

「ネイル・プロフェッショナル 衛生管理編」をテキストに利用し、ネイルサロンを運営する上で知っておくべき衛生管理について総合的な学習を行う講習です。「ネイルサロンにおける衛生管理に関する指針」をわかりやすくかみ砕いて学ぶことで、実際のサロン経営に役立てられる知識を身につけます。

■ネイル衛生管理者資格

講習を受ける大きなメリットのひとつが、ネイル衛生管理者資格です。この資格は更新の必要もなく、無期限で認定されます。

Hot Contents!

PAGE TOP