TOP > ネイリストの基礎知識 > INAジェルネイル検定3級とは?

INAジェルネイル検定3級とは?/ネイリストの基礎知識/ネイリストを目指すなら知っておきたいアレコレ

INAジェルネイル検定3級とは?

INA(NPO法人 インターナショナル ネイル アソシエーション)が主催している「ジェルネイル検定3級」。正式名称は「INAジェルネイル技能検定試験3級」と言います。ジェルネイル技能検定試験は1級~3級まであり、3級は難易度が一番低い試験となります。

受験料は10,000円(税別)と決して安くはありませんので、できることなら一発で合格を狙いたいですね。3級のみとなりますが、ネイルスクールによっては「INAジェルネイル技能検定試験免除スクール」に指定されているスクールがあります。

ネイルスクールで指定のカリキュラムを修了し、INA認定の検定指導員より合格認定を受けることができた場合、実技試験が免除となります。

合格後は「実技試験免除番号」が発行されます。あとは各試験会場で学科試験を受け、合格すれば3級を取得することができます。

INAジェルネイル検定3級取得のメリット

ジェルネイル検定3級は、いわゆるジェルネイルのスペシャリストへの第一歩。ジェルネイルの基礎的な知識や技術を取得している。という証明です。ですので、3級を取得していたからと言って、就職が有利になるという可能性は低いものとなります。

とはいえ、今後2級3級とステップアップをしていく上では、必ず必要な資格になりますので、将来スペシャリストとして活躍していこうと思っているのであれば、必ず必要な資格の一つと言えるでしょう。

INAジェルネイル検定3級の受験資格は?

義務教育を修了していればどなたでも受験をすることができます。

INAジェルネイル検定3級の合格率は?

3級の合格率については、INAから公表されているものはありません。しかし、INAジェルネイル検定に対応しているスクールでは、高い合格率を誇っているところもあるようですので、ネイルスクールへ入学前に事前に確認をしておきましょう。

INAジェルネイル検定3級の試験内容は?

INAジェルネイル検定の特徴として、1、2級は実技試験のみとなりますが、3級は学科と実技、両方の試験があるところです。

合格ラインですが、実技については1級から3級まで一律80点以上が合格ラインとなります。学科試験では、出題50問のうち40問以上の正解で合格となります。1問が2点なので、学科も80点以上が合格ラインですね。
試験の内容は以下の通りとなります。

■実技試験(所要時間70分)

  1. ①ネイルケア
  2. ②プレパレーション
  3. ③コーティング(クリア)
  4. ④カラーコーティング(マット赤)

※試験中に使用できるジェルのブランドについては同一のブランドのみで、異なるブランド(メーカー)を使用することはできませんので注意が必要です。
詳細はINAのホームページにも記載がありますので、確認をしておきましょう。


■筆記試験(所要時間30分)

  1. ①ネイル施術を行うために必要な消毒衛生の知識
  2. ②人体のしくみ(爪や皮膚を含む)や病気について
  3. ③テクニックに関わる知識

なお、3級では学科か実技のどちらかが不合格だった場合、合格した方は期間や受験回数に関係なく免除となります。

合否の連絡はどうやって受け取るの?

検定試験から1カ月程度で、INA事務局より結果通知が送られてきます。なお、カードタイプの認定証を希望する場合には、有料で発行してもらえますので、事務局へ問い合わせてみましょう。

Hot Contents!

PAGE TOP