TOP > ネイリストの基礎知識 > ネイルアーティストの収入は?

ネイルアーティストの収入は?/ネイリストの基礎知識/ネイリストを目指すなら知っておきたいアレコレ

ネイリストの収入は働くタイプによってさまざま

ネイリストとして働いていくうえで知っておかなければならないことの一つに、収入面のことがあります。ネイルサロンや自宅サロンなど、どういった形態で働くかによって、その収入は変わりますし、持っている資格によっても変わってきます。

人によってはネイリストとして活躍できるなら、給与は安くても気にしない!という方や、将来自宅サロンを開きたいから最初は勉強だと思ってガマン…と、目標によって人それぞれだと思います。ここでは、働き方別の収入面について紹介していきますので是非参考にしてみてください!

目指せ店長!サロンの場合…

●サロンで働く場合の初任給について

それでは、実際にサロンで出している求人広告を例に、ネイリストとして就職した場合にどのくらいの初任給になるか考えてみましょう。もちろん、地域やサロンの規模、求められる技術などによっても差は出てきますので、一例として参考にしてください。

東京都内のネイルサロンに就職する場合、「月収22万円~+歩合」という求人を出しているところが多いようです。ただ、この場合でも「試用期間3ヶ月は月給18万円」という決まりがあるところがほとんどです。

ほかにも、「経験者は月給22万円~、未経験者は月給18万円~」というところが多かったので、スクールで勉強してすぐに就職する、いわゆる「実務経験なし」の初任給は18万円ほどと考えておくといいのではないでしょうか。

「初任給18万円」という相場はほかの業界でも多く、そこからさらに社会保険や年金、所得税などが引かれると、手取りは15万円ほどになるでしょう。ほかの業種から転職した場合は、以前の職種よりもぐっと収入が減ってしまうと思いますので、しばらくは節約するか、あらかじめ貯金をしておいたほうが安心です。

基本給は年々昇給すると思いますが、なるべくなら試用期間が過ぎたら月給22万円が保証されているサロンを選んだほうがいいでしょう。または、ある程度の期間働いても昇給が見込めないようなら、別のサロンに「経験者」として転職する道もあります。
また、正社員なら基本給のほかにいろいろな手当てがついて20万円以上の月給をもらえる場合もあるので、「基本給」だけにとらわれないようにしましょう。

●サロンで働く場合の福利厚生や待遇について

サロンでネイリストとして働く場合、その福利厚生や待遇はサロンによってかなり変動します。まず、働く曜日や勤務時間はサロンの営業時間に準じます。ネイルサロンは土日も営業するので、休みはシフト制のところが多く、時間帯は10:00~21:00くらいの間で8時間勤務となります。週休2日のところもありますが、休みが月6日のところも多く、月給が高くてもその分休みが少ないということもありますので注意してください。

ただ、正社員の場合は有給休暇や社会保険完備はもちろん、交通費や住宅手当、資格手当、夏季休暇、産休・育休、研修制度、インセンティブ(歩合)などの福利厚生がしっかりしています。この場合、基本給以外に数万円の手当がつくこともあるので、基本給が安くても手取りは増えていきます。

また、ボーナス(賞与)の査定がしっかりしていれば、年に基本給の3ヶ月分程度の収入が増えることになります。(基本給が20万円なら年間60万円ほど)
資格取得サポートなどもありますので、就職してからさらなる技術の向上も見込めます。

●どうしたら稼げるネイリストになるの?

ネイリストの初任給は少なめで、特に異業種から転職する人はそれまでの経験がお給料に反映されず、以前より収入が減ってしまうことが想定されます。
しかし、どんな職種にも言えることですが、経験を積んでできることが増え、お客さんの信頼や人気を得ていけば着実に収入は増えていきます。

  • ・指名料で稼ぐ

    特に、ネイリストは指名料などの歩合が基本給に加算されるシステムのところが多いので、お客さんからの人気が増えればそれに伴って収入もどんどん増えていきます。指名料はサロンによってさまざまですが、一人に指名されるごとに500円など細かく設定されていることもあります。たかが500円と思わず、毎月10人から指名されれば5000円、20人なら1万円のお給料アップにつながります。
    指名されるには、技術はもちろん、デザインを気に入ってもらえるかどうか、接客対応が良くまた頼みたいと思われるかどうかなどにもかかっていますので、日々の努力や工夫は欠かせません。

  • ・資格手当で稼ぐ

    資格手当もサロンによってかなり変動します。そもそも資格がないと採用されない場合もありますし、上級の資格があればそれだけで月に1万円加算される場合もあります。いずれにしても、就職してから資格取得するよりは、スクールで学んでいる間にできるだけ資格は取っておいたほうが有利に働くでしょう。

  • ・経験を積んで昇進する

    ネイリストも経験値が重要視される職種ですので、指名料などで稼げなくても、まじめにコツコツ長年頑張っていけば、だんだん基本給が上がってきます。さらに、経験を積んで店長やエリアマネージャーなどを目指せば、収入は劇的に上がりますし、歩合などと違って毎回変動せず安定します。
    接客は苦手だけど、店舗運営や管理に興味があるという人は、コツコツキャリアを積み上げて昇進していけば、月給35万円~40万円も夢ではありません。

生徒たちから羨望のまなざし♪ネイル講師の場合…

ネイルアーティストの講師の収入は、ネイルサロンでの経験の有無で違ってくるようです。サロン未経験者の場合の正社員登用なら月収20万円前後でしょう。サロンや講師経験者の中途採用なら、サロンの規模や本人の実力にもよりますが、月収40万円程度まで交渉できるかもしれません。

講師への就職は、資格が必要無い場合もありますが、「日本ネイリスト協会」が発行している、「JNA認定講師資格」を取得しておくと収入面でも有利となるでしょう。資格を持っていない場合でも、一定の知識や経験を示さなければならないため、ネイリスト技能検定1級以上の取得が必須条件だと思っておきましょう。実際に、講師の求人には「1級取得」を条件に掲げているスクールが多いようです。

ただし、この“検定1級”に合格してしまえば、ネイリストとしての道はかなり開けます。コミュニケーション能力やスキルを磨き続ける必要はありますが、1級を取得していることはネイリストとして誇れることですし、講師になって生徒たちから憧れのまなざしで見られるのはやっぱり嬉しいですよね!

やりがい満点!自宅サロンの場合…

ゆくゆくは自宅やマンションの1室で、自宅サロンを開業することを目標とされている方も多いのでは?気になる独立開業型ネイルアーティストの収入はどのくらいになるのでしょうか。

自宅でネイルサロンを開くメリットとしては、部屋を自分好みの雰囲気にレイアウトし、好きな音楽をかけて、お客さまにサービスを提供できることですね。趣味の延長や、子育ての合間などに開業するなら、好きな時間に店を開けて好きな時間まで働き、好きな曜日に休むことも可能です!

ただ、自分で経営する分、その責任も当然ながら大きくなります。自らが経営していかなくてはいけないわけですから、もちろん楽しいことばかりではありません。経理や営業スキル等、ネイリストとして学んできたこと以外も勉強する必要があります。

さらに、チラシ、クーポン、消耗品への出費や、新製品の購入、新たな技術習得のための出費など、出ていくお金は意外と多いのです。また、接客マナーやリラクゼーションについても学んだ方がいいかもしれません。
肝心の収入面になりますが、サロンを開業する場合「経費」がかかります。自宅でサロンを開業するのであれば、テナント費用は抑えることができます(持ち家を想定しています。賃貸物件であれば家賃がかかります)が、材料費や光熱費は毎月発生する経費となります。

自宅サロンを開業したての場合には、そういった必要経費を差し引いて、月々10~15万円を稼げるように頑張るのが目標になるでしょうか。人によっては精力的に営業をしたり広告を多めに出したりすることで、徐々にリピーターを増やし、月に100万近くを稼ぎ出すケースもあるようです。
本人のやる気とお店をより良くするための工夫、そしてプロネイルアーティストとしてのたゆまぬ努力次第で、大幅な収入アップが期待できます!

■スキルはもちろんサロン開業のノウハウを身につけたいなら・・・

ヒューマンアカデミー/おうちサロンコース

ネイリストとしての技術や資格取得のためのスキルはもちろん、開業に必要な経営や集客についてのノウハウも学べます。卒業後すぐにサロンの開業を考えている人にぴったりのコース。

年収アップを叶えるためにすべきことは?

サロンで働く場合も、スクールの講師になる場合も、ホームサロンを開く場合も、収入をアップさせるために大切なことは、まず第一に腕を磨くことです。
技術の証としてネイリスト検定の資格を持っていると、キャリアアップや収入アップの強い味方になるでしょう。
ここでは、あなたの年収アップにつながる検定合格へのサポートが厚いネイルスクールを紹介します!


■経験ゼロから上級資格合格を目指したい!

ヒューマンアカデミー/JNA認定ネイリストプロパーフェクト講座

高収入ネイリストを目指すなら取っておきたいJNEネイリスト技能検定1級~3級、JNAジェルネイル技能検定初級、上級に対応。合格保証制度やフリーレッ スン制もあり、資格取得のためにとても心強いサポート体制が整っています。JNA認定校なので、知識や技術の指導力はバツグン!


■自分に合ったペースで学びたい!

有吉ひとみネイルスクール/検定対策コース

JNEネイリスト技能検定試験、JNAジェルネイル検定試験に必要な知識とスキルを学べます。全3時間(1回)、全9時間(3回)、全15時間(5回)の3コースの中から選ぶことができるので、自分のペースで資格取得の勉強ができます。


■目的に合わせたコースとカリキュラムでしっかり学べる

ネイルズユニークのプロフェッショナルネイルアーティスト育成コース

全170時間の本格的なコースで、中間テストや終了テストなどもあり、緊張感を持って授業に臨め、資格取得にも近づけるでしょう。このコースを修了した場合には、検定対策のコースやよりレベルの高いアドバンスネイルコースへの編入が可能で、さらなる上級資格取得を目指し、高収入ネイリストへの道が開けます。

Hot Contents!

PAGE TOP