TOP > ネイリストの基礎知識 > JNA認定講師について

JNA認定講師について/ネイリストの基礎知識/ネイリストを目指すなら知っておきたいアレコレ

JNA認定講師とは?

ネイリストとして働くために、取得しておきたい有名な資格はJNECネイリスト技能検定と、JNAジェルネイル検定があります。どちらも日本ネイリスト協会が発行しているのですが、日本ネイリスト協会の講師会メンバーになるためには、JNA認定講師資格を取得しなくてはいけません。

ネイリスト技能検定1級を取得しているネイリストの中でもさらに一握りしか合格できない、というかなり高いレベルにある資格です。ネイリスト技能検定1級の取得でも困難で、1級に合格するとトップネイリストとなりますが、その上に位置するJNA認定講師になるには相当な技術と知識を持っていないといけません。

認定講師の試験を合格して資格を取得すると、ネイルの講師として働くことができます。もちろん、絶対に講師にならなくてはいけないというわけではありません。JNA認定講師の資格取得後も、現役のネイリストとして仕事に従事できます。ネイリストの養成ができるほどの実力と知識を兼ね備えているという証明にあたる資格であると考えましょう。

講師になりたいと考えている人はもちろん必要な資格ですが、そうではなくてネイリストとしてもっと極めたいという人もこの資格取得を目指しています。JNA認定講師の資格を取得すると、ネイリストの最高峰に立つことができる、といっても過言ではありません。

参考:『認定講師』NPO法人日本ネイリスト協会

受験資格

JNA認定講師の受験をするためには、資格がいくつか必要です。

  • ○ネイリスト技能検定の1級を取得し、合格認定日から1年以上経過していること
  • ○ネイリストとして実務経験があること
  • ○JNAの個人正会員であること
  • ○JNAの発展のために努力ができること
  • ○JNA認可校出身であること
  • ○ネイルサロン衛生管理士の資格を取得していること
  • ○ジェルネイル技能検定試験上級の資格を取得していること
  • ○仮合格者勉強会と条件付き合格者勉強会に出席できること
  • ○受験日に満20歳以上であること
  • ○日本語によるコミュニケーションがとれること
  • ○過去3年間でJNA開催の全日本ネイリスト選手権「プロフェッショナル部門ネイルケア又はフレンチスカルプチュア」に出場していること

出典:『認定講師資格試験の受験資格』NPO法人日本ネイリスト協会

これだけの条件が設けられています。すべて満たすためにはネイリストとして働き、そしてレベルアップを目指して頑張っている人でなければできないといえるでしょう。かなり狭き門であることは、受験資格を見てもわかりますね。

受験手続に必要な書類
  1. 1. 志願票(楷書の記入、写真貼り付け必須。写真の裏面には名前を書く)
  2. 2. 在籍証明書(ネイリストとしての実務経験を記入)
  3. 3. ネイリスト技能検定試験1級の合格証書をコピーしたもの
  4. 4. ジェルネイル技能検定試験上級合格証をコピーしたもの
  5. 5. ネイルサロン衛生管理士認定証をコピーしたもの(有効期限内のもの)
  6. 6. JNA認定校を卒業したことのわかる証書をコピーしたもの
  7. 7. 過去3年間で地区大会も含むJNA主催の日本ネイリスト選手権プロフェッショナル部門(ネイルケア又はフレンチスカルプチュア)のディプロマをコピーしたもの、もしくはJNA全日本ネイリスト選手権出場証明書をコピーしたもの

以上の書類が必要となります。この中で1つでも不足していると受験資格を満たしていないと判断されてしまうため、必ずそろえるようにしましょう。

また受験するにあたって費用も必要です。受験料は15,000円、振込用紙を使って支払います。申込期間が限られているので、その期限内に申し込みをしないといけません。また、店員500名となっており、先着順で受験者が決定するため、500名を満たしてしまった場合は受験することができないので気を付けてください。期限内のできるだけ早めに申し込みを済ませましょう。

試験内容

試験は実技と筆記試験、面接があります。

○実技試験(モデル同伴)

  1. 1.オリエンテーション(10分)
  2. 2.事前審査(5分)
  3. 3.ネイルケア(30分)
  4. 4.インターバル(1分)
  5. 5.カラーリング(20分)
  6. 6.審査(39分)

ここまでが前半となります。後半の準備と休憩で、間に20分挟みます。

  1. 7.事前審査(5分)
  2. 8.ネイルイクステンション(75分)
  3. 9.審査(45分)

※「第39期 JNA認定講師資格試験」の情報をもとにしております。

ここで実技は後半も終了です。実技に関してはテーブルセッティングの規定などもあり、各工程でやるべきことが明確に定められています。それを違反しないように事前にチェックしておくようにしましょう。

次は筆記試験と面接になりますが、順に行っていくため時間が明確ではありません。お昼過ぎから夕方までの間に順番が回ってくるので、それまでは会場にいる必要があります。

参考:『第39期 JNA認定講師資格試験』NPO法人日本ネイリスト協会

合格発表について

合否は試験から2週間から3週間ほどで届きます。本人に郵送で通知となるため、郵便物には気を付けておきましょう。仮合格の場合は仮合格者勉強会の出席が義務となっており、条件付きで合格した場合は仮合格者勉強会だけではなく条件付合格者勉強会への出席が義務となります。

また合格した場合は認定講師登録料として45,000円が必要となることも忘れないでくださいね。

Hot Contents!

PAGE TOP