TOP > ネイル専門学校を大調査! > ハローワークの職業訓練で学べるネイル講座

ハローワークの職業訓練で学べるネイル講座

ハローワークの職業訓練でネイルが学べるって知ってる?

ネイルを学ぶには、独学や通信講座、通学などの方法がありますが、どれもお金のかかるもの。実は、求職者向けにハローワークで行っている職業訓練には、ネイリスト養成講座があるのをご存知でしょうか?費用がかからず就職もしやすいこの制度、条件に当てはまる人はぜひ利用を検討してみてください。

ハローワークで主催しているネイル講座について

ハローワークでは、仕事を探している人に向けての職業支援として、手に職をつけるための養成講座を開設しています。
こういった職業訓練は、パソコンや事務、機械系、建築などさまざまな分野の訓練が無料で受けられ、条件が合えば失業手当を受けながら受講することもできます。
その中にはデザインや美容関連の訓練もあり、実践的なネイリスト養成講座もあるのです。
その内容は、ネイルやジェルネイルの基礎知識や基礎技術はもちろん、接客マナーの基礎知識から応用技術までを学ぶことができ、即戦力としてすぐにでも活躍できる人材を目指すというもので、3ヶ月~6ヶ月程度の訓練を受けて資格取得も可能です。
講座を行う学校もきちんとしたネイル専門校で、東京の場合はフェリス美容学院やMAXKELLY恵比寿教室などで開かれています。

失業手当を受けながら職業訓練を受講するには、本人や世帯の収入制限、以前職業訓練を受けたことのある場合は一定期間空いていること、現在仕事に就いておらず求職している人などの条件があります。
生活費が確保できて、授業料無料で受講できるので、生活の心配不要でみっちり訓練できるのが魅力ですが、ハローワークによる審査や学校での面接もあり、希望者が多い場合は講座に入れないこともあります。

雇用保険を受け取ることができない人は求職者支援制度の利用も

雇用保険を受け取ることができない人でも、「求職者支援制度」を利用することにより職業訓練を受講することができます。
求職者支援制度の場合は、失業手当の代わりにひと月10万円の給付金と受講する際の交通費も支給されます。
求職者支援制度を使用する際にも条件があり、

  1. 1.収入が8万円以下であること
  2. 2.世帯の収入が25万円以下であること
  3. 3.世帯の金融資産が300万円以下であること
  4. 4.現に居住する土地・建物以外に土地・建物を所有していないこと
  5. 5.訓練の全ての実施日に訓練を受講していること
    (やむを得ない理由により受講しなかった実施日がある場合にあっては、8割以上)
  6. 6.世帯の中で他に当該給付金を受給し、訓練を受講している者がいないこと
  7. 7.過去3年以内に失業等給付等の不正受給をしていないこと

出典:【PDF】『求職者支援制度について』厚生労働省

を満たす必要があります。

職業訓練のネイリスト養成講座に応募するには

ネイリスト養成講座の募集期間は、訓練期間が3月中旬の場合、1月下旬~2月中旬頃になり、基本的に訓練開始時期の2ヶ月前くらいから募集が始まります。
失業手当を受けながら受講する場合には、ハローワークで求職手続きを済ませていることなどが条件になりますので、現在在職中の人は、退職するタイミングなどとあわせて検討してみてください。訓練の開始時期は年間を通してありますので、あわてて退職する必要はありません。
定員は10人~15人程度で、受講するための資格はありませんが、受講修了した際にどのように就職に生かせるかどうかなど、仕事につなげることを意識してチャレンジしてください。

Hot Contents!

PAGE TOP